Mika Riedel 「猿と時間」展 “Monkeys and time”

LINEで送る
Pocket

Mika Riedel 「猿と時間」展 “Monkeys and time”
2017. 8.31-9.5
12:00〜19:00 (最終日のみ18:00まで)
オープニングレセプション
8.31 19:00〜

「猿と時間」展 “Monkeys and time”

ゴリラと人のゲノム塩基配列の違いは3%以下、チンパンジーと人の塩基配列の 違いに至っては1%以下という多くの科学者の見解があります。見た目は大きく 違うのに、細胞レベルになると酷似しています。 遺伝情報をほんの少し並べ替えることで顕になる人と猿の違いは何か? 概念の理解はどうでしょう?わたしたちは「国」「人種」「法律」「歴史」など 存在しないものに名前を与えて共有しています。わたしたちが普段考えの基礎に 使っているものはほとんどが概念であり、それらは存在しません。 その中でも最もわたしたち人を支配しているものは、「時間」かもしれません。 「過去」も「未来」も概念であり、時間そのものは方向性をもっただけの実在し ないものです。人は一体どれほどの時間を「今」に費やしているのか。 猿の感じる今と人の感じる今には、どれほどその強烈さに違いがあるのか。 生命の危機に晒されるという意味でのサバイバルモードに入る機会がなくなった 人間にとって、高い知能を持った動物の感じ得る「今」の強さは体験しうるもの なのか。時間という概念を捨てた体験を追い求める作者にとって、猿が興味の対 象から外れることはありません。

リーデル・ミカ “Mika Riedel”

ヴィジュアルアーティストとして陶芸、彫塑、絵画、絵本製作にいそしむ傍ら、 フリーランスの翻訳家として働く。日本、アメリカ、イギリスで陶芸や絵画を教え、展示会を開き、アーティスト・イン・レジデンス・プログラムに参加する。 また東日本大震災で被災した子供たちのためのNPO「にじいろクレヨン」の一員 として活動中。現在はロンドンに在住し、仕事と製作の他、ギャラリー、美術館、 科学、本、ポドキャスト、音楽、ヨガ、瞑想、旅、ダンスを楽しむ。

Link

Mika Riedel web https://mikariedel.github.io/

にじいろクレヨンweb https://ishinomakicrc.wordpress.com/

“Mika Riedel 「猿と時間」展 “Monkeys and time”” への1件の返信

コメントを残す